スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

わたしがアビよ!

わたしがアビよ!
アビと呼ばれている何者かに告ぐ・・・
わたしがアビよ!

2000年の10月半ば・・所は下町門前仲町の由緒あるお稲荷さんの境内で、わたしは何故か目覚めて、寒くて、ひもじくて、天に向かって怒りまくっていた。「きゃきゅきょ」「きゃきゅきょ」笑うなかれ、これが精一杯の叫びだった。
「アライグマの子拾っちゃた」と呑気な声。
「きゃきゅきょ」「きゃきゅきょ」違う違う・・・「わたしは・・きゃきゅきょ」・・・それから色んなお家にお泊りさせられ、「可愛い、可愛い」とはいわれたが、誰も一緒に人生を送りましょうとは言ってくれず、結局三月後に八王子の動物は禁止のマンションの違法住人となりました。
そこの住人のおじさんがたまたま「アビシニアン」という猫を見て、「家にいるのとそっくりだ。」「あいつは、由緒正しい野良だが、きっと先祖はアビシニアンに違いない」「きょうからアビと命名する」てことになりました。

どんなもんだい。その他大勢のアビとやらおそれいいったかなんてね!
まあそれからが試練続きなんだけど・・きょうはおやすみなさい。
スポンサーサイト

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。